ラクサ

000211
こちらマレーシアで食される代表的な麺といえばラクサです。これお米の粉で作ります。
日本のうどんと大変よく似ており、食べやすい麺といえましょう。
町のお店で頼んだ場合、カレーうどんならぬカレーラクサと写真のように鳥や魚、もしくは両方でだしをとったスープに野菜などを入れてつくったラクサの2種類がメニューとしてポピュラーな様子です。
しかしながらそこはお店の入れ込みようの違いで、いろいろなラクサを食べることができるわけでして、麺食いにはたまらんわけです。
ここコタ・キナバルは、 どのレストランでも麺が食べられます。
しかも、お米から作るミーフンや小麦から作られる麺(ミー)、 同じ麺でも白から黄色、太いのから細い物、さらには手打ち麺を看板としている店から、 ス−パーマーケットではインスタント、カップヌードル等々、 麺の種類や食べ方など実に豊富で多彩です。
ですから、インスタントラーメンの日清「出前一丁」だってあるんです。
おなじみの醤油、塩味以外にも、日本ではお目にかかったことのない種類が多数あるんです。
どのパッケージも、かわいい男の人の出前姿のあの懐かしい図柄です。
ところが、残念ながら、みそ味だけは見あたりませんでした。
どなたかボルネオまで出前をしてくれると助かるのですが。
 前のページ 
 次のページ 
  こっちでの生活(衣食住)編へ
 トップへ