「果物の女王マンギス」

991125
こた・きなばるも秋の?味覚シーズンです。 ここのところ、街で市場でやっと待ちに待ったマンゴスチンが 出回るようになりました。ずっと待っていたんです。
このマンゴスチン、紫の厚い皮を剥くと、中から真っ白な果実が現れます。 この果実が甘酸っぱくて、実にうまい! 何個でもいけます。うちの息子はそれこそ、むしゃぶりつきます。
果物の女王とは、まさにその通り!私は一押しですね。
さて、このマンゴスチン、こちらでは「マンギス」と呼ばれます。 無論こちらでも人気は抜群です。 ところが、よく行く果物屋のおばちゃんに聞いてみたんですが、 いまいち旬の季節が分かりません。
季節と言ったって一年中夏の陽気ですから、
日本のように秋が旬とか、 春に出始めると言ったことはないんでしょうけれど、 何月頃には見られるよ、くらいは分かりそうなんですがダメ!実が付いたら売るよ、てな調子です。
ところが、どうもこちらの人に聞いても、この答えが一番正しそう。
昨年は5月頃と10月頃に確か見られたんですが、今年は今まで全然市場には顔を出しませんでした。
やはり、実を付けた時が旬なのです。 聞くところによると、マンギスはバナナのように大量生産できないそうな。まか不思議、マンギスです。しかしうまいんだよな〜!
ちなみに1kg、5RM(150円)ほどでしょうか。
前のページ 
次のページ
こっちでの生活(衣食住)編へ
トップへ