クレイポット

991102
クレイポットはこちらでは結構有名な食べ物です。クレイつまり土、ポットこれはまさしくポット、入れ物ですが、つまりは日本でいう鍋の事です。日本の鍋の品質がいいのか、日本製の鍋はこちらでも売っていました。
と言っても、この料理は日本の鍋料理とはちょっと違いますね。
鍋にご飯を入れて、その上に鶏肉や野菜なんかを入れて、 一気に炊きあげるのが、元祖クレイポットです。
ご飯のかわりに麺を入れれば、本家クレイポットミー(ミーとは麺のことです)
これが結構いけます。
なにせ、鍋の底の部分なんか、ちょっと焦げたりして、 あの懐かしい、お焦げ状態になっているわけです。
鶏肉の甘煮がしみ込んだご飯は食欲をそそります。
かつて中国に旅をしたときに、このクレイポットらしき食べ物を見た覚えがあります。福建省、広東省辺りで見られた気がするんですが・・・
日本では、こうした鍋の使い方はうあるのでしょうか。一説には関東大震災の時に初めて鍋焼きうどんが生まれたそうですが・・・・
わたしは日本で同じ食べ方を見たことがないんです。
ちなみに、写真上はクレイポットミーで下がクレイポットのチキンです。
ひとつ5RM(150円)也。

前のページ 
次のページ 
こっちでの生活(衣食住)編へ
トップへ